愛犬が皮膚病になったらまずは原因を調べる

犬

飼育と管理

犬

ミニチュアダックスフンドは好奇心があり運動も大好きです。日頃からおもちゃを使ってコミュニケーションをとると、飼い主の指示に従う様になります。温暖な気候の時は外へ出て散歩すると良いでしょう。運動量はさほど多くなくても大丈夫です。30分程度歩くだけでもミニチュアダックスフンドにとっては良い運動になります。個体差によって体力が異なるので、様子を見ながら運動量を調整しましょう。

ミニチュアダックスフンドを飼う時は、室内で飼う様にしましょう。番犬としては体が小さく、攻撃力もないので室内で飼うのが良いでしょう。ミニチュアダックスフンドにはスムースとロングコートが存在します。スムースは体毛が短くブラッシングの頻度も多くなくて大丈夫です。外出した時は、少し濡れた布で汚れを拭きとってあげましょう。ロングコートは定期的にブラッシングが必要になります。毎日ブラッシングする必要はありませんが、週に1度から2度は行なってあげましょう。足の裏まで毛が伸びることもあるので、自分でブラッシングが難しい時には、専門のショップでトリミングをしてもらいましょう。

ミニチュアダックスフンドは胴が長い体型が特徴と言えます。他の犬種に比べて腰や脊椎に負担が掛かるリスクが高いので、定期的に動物病院で検査を行ないましょう。特に老犬になると椎間板ヘルニアになりやすいので注意してあげましょう。餌のあげ過ぎで肥満になると腰に負担が掛かってしまいます。