愛犬が皮膚病になったらまずは原因を調べる

女性と犬

原因を解明し治療する

動物病院

犬は些細なことが原因で、皮膚病になってしまうことがあります。皮膚病の中でも多いのが舐性皮膚炎です。皮膚に炎症がおこり脱毛してしまうことがあり、それを気にした犬自身が舐めて悪化させてしまいます。酷い状態になると皮膚がめくれ、骨が露出することもあります。舐性皮膚炎の原因は様々です。虫刺されや食品によるアレルギーからくる痒みが原因の場合もあります。室外で飼われた犬であれば、長時間同じ場所に固定されることを苦痛に感じ、ストレスから舐性皮膚炎を引き起こすこともあります。その他にも、脳や甲状腺の問題で舐性皮膚炎になることもあります。

愛犬が舐性皮膚炎になった時はまず、動物病院で治療してもらいましょう。病院では悪化した炎症部分を切りとり、塗り薬や抗生物質の投与を行ないます。食品や接触性のアレルギーが原因なら、餌を見直し原因になる物質を取り除くことで皮膚病は緩和するでしょう。生活環境によるストレスが原因なら、犬にとって過ごしやすい環境を整えましょう。室外飼いを室内に変えるだけでもストレスを軽減することができます。犬は繊細な動物ですので、飼い主とのコミュニケーションが少ないと感じると、ストレスによる異常行動を起こします。普段から積極的にコミュニケーションをとることで、異常行動を解消することができ病気を未然に防ぐこともできます。いつもと違う行動をし始めたら、早期の段階で解消する様に務めましょう。かかりつけの動物病院で検診をうけることも重要です。

飼育と管理

犬

ミニチュアダックスフンドは室内犬として人気が高い犬です。温厚で順応力のある犬種になっているので、犬を飼うのが初めてという方でもおすすめの犬種になっています。飼育や管理のコツを紹介します。

詳しくはこちら

診察代の差

医者と犬

千葉の動物病院では診察代に差があります。そもそも動物病院は自由診療になっているので、病院側が自由に診察代を設定することができるのです。適正な価格が判断しにくいこともあります。

詳しくはこちら

直販におけるメリット

トイプードル

最近トイプードルの購入を行なう際に、ペットショップからではなくブリーダーを通して購入する人が増えています。ブリーダーから直販してもらうことには様々なメリットがあります。

詳しくはこちら